何故男と女は恋に落ちるのか。恋愛のあれこれを暴露します!

恋バナのマナー

唇に指を当てる

2018年9月27日更新
テーマ:恋バナ

「大好きな人の自慢をしたくなる」という欲求は自然なことです。いわゆる恋バナは、恋をしている人だけができる特権であり、恋に浮かれるその気持ちを黙って胸にしまっておけず、誰かに話さずにはいられなくなるのも仕方ないでしょう。しかし、恋人と共通の友人知人が多い場合、一定のマナーを守らないと余計案トラブルを招くかもしれません。そのマナーとは、「恋人に届いて欲しくない話はしないこと」、「話を大げさにしないこと」です。

言うまでもなく、恋人との共通の友人知人が多いとなると、いつ恋バナの内容が恋人に伝わるか、その話をもとに冷やかされないとも限らないからです。恋人と良い関係を維持したいのであれば、ごくプライベートな内容は他人へ漏らさないようお勧めします。どんなに場が盛り上がる内容でも、恋人の立場を考え、話す内容を吟味するようにしましょう。良い出会いに恵まれ、恋をした嬉しさや楽しさから、つい親しい人たちに話をしたくなるでしょうが、それで二人の関係が拗れては本末転倒です。交際し始めて間がない、浮足立っている頃は特に気をつける必要があるでしょう。

もちろん、恋バナに花を咲かせてはいけないということではありません。二人だけの秘密にしておくべき内容と、素敵な恋人を得られたことを自慢する内容、他人に披露していいことをわきまえ、理解しておく必要があるということです。そのマナーを守ってこそ、恋バナを心から楽しめるでしょう。