何故男と女は恋に落ちるのか。恋愛のあれこれを暴露します!

いい人どまりの理由

悩む男性

2018年7月3日更新
テーマ:恋愛対象になりたい

世の中、何事も得をする人と損をする人、両極端に別れてしまうことは珍しくありません。「自分は損をしやすい」という男性たちは、おそらく恋愛においても自分は損をしていると感じる事が多いのではないでしょうか。実際、その人が損をしているかどうかは物事の価値基準が個人によって異なるため、他者から断言できるものではありませんが、少なくとも本人が恋愛面で損なタイプだと感じている世の男性たちの言い分としては、「女性にモテない、恋愛対象にすら考えてもらえない」などという意見が多いのではないでしょうか。

なぜ損をしやすい人がいるのかというと、その大きな特徴として、周囲に気を遣いすぎているという点を挙げられます。自分以外の他者に気を遣うというのは、多かれ少なかれ自分自身を犠牲にしてしまう事に繋がります。他の人の事を考えるあまり、自分の事を後回しにしてしまい、結果的に損をするのです。

この手のタイプの男性と出会い、仲良くなった女性たちは、おそらく大多数が「この人はいい人だ」と認識するでしょう。しかし、いい人である事と恋愛対象になる事は全く別の話です。「いい人」で終わってしまうのは、恋愛でアプローチすべき場面でさえも、無意識に相手の事を気遣ってしまうからではないでしょうか。「好きでもない相手から告白されたら迷惑かも…」「いきなりデートに誘ったら困惑させてしまうかも…」と、自分を男性として意識させる前に、まず相手の気持ちを推し量ってしまうのです。

他者を気遣える優しさは、人としてとても良い長所です。しかし、恋愛では少しくらい自分の気持ちを優先させてみてはいかがでしょうか。他の誰でもない、あなたの恋愛なのですから。