何故男と女は恋に落ちるのか。恋愛のあれこれを暴露します!

  • 最新の記事はこちら!
写真

恋愛対象になりたい

2018.06.11

女性らしい振る舞い

写真

恋愛対象になりたい

2018.06.05

年上の女性

写真

恋愛対象になりたい

2018.05.24

恋の始まりと終わり

恋の始まりと終わり

落ちこむ女性

2018年5月24日更新
テーマ:恋愛対象になりたい

恋の始まりとは千差万別、様々なバリエーションがあるものです。今、胸を焦がしているその恋がいつから始まったのかは、個人の主観や経験等によってバラバラでしょう。二人が出会い、視線を交わした瞬間に落ちる恋もあれば、長く一緒にいた相手への思いを突然自覚して恋に気づく…なんて話もよくあります。

中には、二人がほとんど同時に相手への恋心を自覚する場合もあるでしょう。これはとても運の良いパターンです。二人でいる時、なんとなく甘い雰囲気が漂い、相手も自分と同じ気持ちなのではないかという期待が高まる…そんなムードが出来上がっていれば、二人が恋に落ちるのも時間の問題です。しかし、自分だけが相手への恋心を自覚している、いわゆる片思いでは「相手は自分の事をどう見ているのか、そもそも自分は恋愛対象になり得るのか」とヤキモキして、落ち込んだり不安になったりしがちです。

「恋愛は先に惚れた方が負け」などとよく言われるものです。一方的な思いを募らせた期間が長ければ長い程、その恋が叶った時に相手を離したくないと願う気持ちも強くなるでしょう。自分が相手の恋愛対象になるのかどうか、そんな悩みからスタートした恋であれば尚更でしょう。相手の気持ちが自分に向いたと同時に、絶対的な安心を手に入れられる訳ではありません。恋の始まりには様々なタイミングがありますが、恋は一度始まってしまえばずっと続くのです。

恋愛は大きなエネルギーを消費するものです。恋愛対象になりたいと努力するのは間違いではありませんが、片思いに疲れ果て、自分がボロボロになってしまう前に身を引くのもひとつの手ではないでしょうか。