何故男と女は恋に落ちるのか。恋愛のあれこれを暴露します!

  • 最新の記事はこちら!
写真

恋愛対象になりたい

2018.06.11

女性らしい振る舞い

写真

恋愛対象になりたい

2018.06.05

年上の女性

写真

恋愛対象になりたい

2018.05.24

恋の始まりと終わり

恋人の気持ちを尊重する

カレンダー

2018年4月4日更新
テーマ:恋人と家族の関係

運命的な出会いを果たし、順調に交際関係を育んでいるカップルの中には、「恋人をいつ家族に紹介しようか」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。これからも長く良好なお付き合いをしたい、そんな大切なパートナーを家族にも紹介して、家族ぐるみで交際したいと考えるのは、愛する人を伴侶にしたいと望む人にとって自然なことです。しかし、どれだけ運命的な出会いだったとしても、交際してまだ間もない時期に恋人を家族に紹介するというのは早計かもしれません。

二人の感性がピタリと一致し、出会ってすぐに打ち解けられた、そんな相性抜群の熱々カップルでも、家族への紹介となると話は別です。家族に会うということは否が応でも結婚を意識させ、「責任」や「堅苦しさ」などを感じさせるでしょう。そう思う理由は人それぞれですが、自分の考えだけで恋人を家族に紹介しようと決めてしまうのは、せっかくの二人の良い関係に水をさしかねないので注意しなくてはいけません。

恋人との関係を大切に思っているのであれば、そしてこれからも長くお付き合いしていきたいと思うのであれば、まずは恋人本人に「家族に会ってもらいたい」と思っていることを話して相談し、恋人の意見や気持ちを聞くようお勧めします。また、もしもその時点で恋人が家族に会うことを拒んだとしても、そこで恋人の誠意を疑ってはいけません。「初めて会う人」それも「愛する恋人の家族」となれば緊張し、戸惑うのが当然ですし、心構えをするための時間が欲しいという人もいるでしょう。なので、相談する時点では「いずれ家族に会って欲しいと思っている」と、余裕をもたせた伝え方がお勧めです。もし恋人が家族と会うことを了承してくれたとしても、今日明日と急いで都合をつけるのではなく、ある程度の猶予をもってスケジュールを調整しましょう。相手の立場で考えれば、恋人の戸惑う気持ちや不安も理解できるのではないでしょうか。

恋人に「家族に会ってもいい」と思ってもらうためには、まず当事者である二人の関係や絆を深めることが欠かせません。それが出来ていれば、自然とそうした話も出てくるでしょう。いずれは家族との関係を考える必要がありますが、まずはお互いがしっかり相手を愛し、信頼することが大切なのです。