何故男と女は恋に落ちるのか。恋愛のあれこれを暴露します!

  • 最新の記事はこちら!
写真

恋人と家族の関係

2018.04.04

恋人の気持ちを尊重する

写真

恋人と家族の関係

2018.03.23

将来を考える

写真

恋人と家族の関係

2018.03.05

家族との関係

家族との関係

実家

2018年3月5日更新
テーマ:恋人と家族の関係

男女が出会い、仲を深めて交際へと至り、ある程度付き合いが長くなると、「結婚」について考え始めるのは自然なことだと言ってもいいでしょう。ここまで良い関係を築いてこられたという自信があれば、「結婚しても今までのように穏やかな付き合いを続けられるだろう」「相手は自分に相応しい人、伴侶だ」と思えるはずです。しかしそれと同時に「自分たちの都合だけを考えて結婚を決めてしまっていいのだろうか」と悩む人もいるかもしれません。

二人が出会い、仲良くなっていく段階では、自分たちの相性や感情だけ考えていればよかったものの、いざ結婚となるとお互いの家族との相性や付き合いなども考えなければならなくなります。その考えが根強いのは、ある意味日本ならではだと言えるでしょう。「長男だから、いずれ家族や墓の面倒を看なければならない」「一人っ子だから、将来は親と同居しなければならない」という考えは、実は日本以外の国ではほとんどないのです。日本では、将来同居することを前提として、家族、主に両親とパートナーの相性を気にすることが多いですが、海外では基本的に「自分の人生は、成人と同時に自分で責任を持つ」「両親の人生は両親が責任を持つ」という考えがあるため、なんらかの問題がない限り、親をはじめとする家族との同居や付き合い方についてが結婚のネックとなることもほとんどありません。とは言え、住宅事情や働き方、経済状況の差、育児など、日本では結婚後も家族の助けを必要とするケースが多いものです。だからこそパートナーと家族の相性や関係は気になるところでしょう。

恋人同士の付き合いとは違って、結婚となると安易に関係を解消することができなくなります。まずは、パートナーとして自分たちの相性が良好な状態なのかどうかを考えるべきでしょう。例え、家族とパートナーとの相性や関係があまり良くないとしても、それは自分たちの暮らし方や考え方によって改善される見込みがあるものです。まずは「自分たちがどうありたいのか」を中心に考えましょう。安易に結婚し、離婚してしまうカップルもいますが、それは二人が自分たちの相性について真剣に考えることができていなかったと言えるのではないでしょうか。