何故男と女は恋に落ちるのか。恋愛のあれこれを暴露します!

  • お勧めの記事
写真

出会い系を通しての男女関係

2015.12.31

実際に優良な出会い系を教えて!

写真

出会い系を通しての男女関係

2015.12.30

出会い系って実際どうなの?

写真

出会い系を通しての男女関係

2015.12.29

出会い系とSNSの違いってなに?

泉ピン子の場合

爽やかな笑顔の医者

2015年8月3日更新
テーマ:男女の出会いと医者

泉ピン子と武本憲重との出会いは、もう20年以上前になります。
当時白血球が前から高かった泉ピン子は、
白血病が怖く武本憲重が勤務するガン研究センターを訪れたのです。
消化器内科医で大腸がん検診の担当医だった武本憲重が、泉ピン子が待つ診察室に
「担当です」と入ってきた瞬間に泉ピン子は「私はこの人と結婚するわ」と思ったそうです。
思うのは勝手ですが、その後本当に結婚するところが凄いですね。

武本憲重との結婚を確信した泉ピン子は、1ヶ月後にお礼に食事に誘ったそうです。
そうしたら現在夫の武本憲重が、
「渋谷のハチ公前で待ち合わせしましょう」と答えたそうです。
さすがに泉ピン子は
「先生悪いけど私一応泉ピン子よ!ハチ公前になんて立っていられないわ!」
と返答したそうです。もっともなことです。

泉ピン子が渋谷のハチ公前で立っていたら目立ちますよね。
その後ふたりは結婚しますが、
武本憲重と勤務先との看護婦との不倫騒動が突然持ち上がります。
さらにその看護婦とのあいだには、子供までできていたとマスコミが騒ぎ立てたのです。
泉ピン子は泣きながら記者会見まで開きますが、
結局ふたりは離婚することなく今日まで続いています。

その後も武本憲重は泉ピン子主演のTBS系列ドラマ「女子刑務所東三号棟」で
医療監修を行ったり、テレビ朝日系列
「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」に出演したりしています。
不思議な夫婦です。

1983年からNHKで放送された連続テレビドラマ「おしん」での母親役や、
TBS系列ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」でのラーメン屋のおかみさん役などで
知られている泉ピン子ですが、1977年には「哀恋蝶」が40万枚のヒットを記録している
歌手の顔も持っています。