何故男と女は恋に落ちるのか。恋愛のあれこれを暴露します!

  • お勧めの記事
写真

出会い系を通しての男女関係

2015.12.31

実際に優良な出会い系を教えて!

写真

出会い系を通しての男女関係

2015.12.30

出会い系って実際どうなの?

写真

出会い系を通しての男女関係

2015.12.29

出会い系とSNSの違いってなに?

利用者は女性の方が多い

バラの花束と指輪

2014年12月8日更新
テーマ:出会い系の温故知新

西洋には東洋のような「お見合い」という物がありません。
年頃になると親族の方々が異性を紹介してくれる、
彼女たちはそれを羨ましく思っているようです。
西洋では自分のパートナーは自身で探すのが主流らしく、
そんな面倒な事は短縮して手っ取り早く紹介して欲しいと嘆く人もいます。
親族の方々に自身の「一生添い遂げる」であろうパートナーを決められるのも、ちょっと!
と思いますが、今ではそうゆう事も殆んど見られないでしょうね。
携帯電話やパソコンさえあれば、何処でも手軽に自分の空いた時間にサイトに行ける、
そして好みの男性にメールでアプローチする。
簡単な事です。

アプローチの結果はさて置き、
彼女たちは複数の男性の中からプロフィールを閲覧して選べる。
好みの男性を見つけたら、取り合えずメールをする。
まさに合理的で面倒がない。
登録している男性の数も半端ない。
色んな観点から見てもリスクが少ない。
彼女たちが出会い系サイトに対して好印象を持つのも分かります。
そういえば確か、填まりすぎて自分の(出会い系サイトでの)体験談を本にして
作家にまでなった女性がいましたよね?
どこの国の人だったかは忘れてしまいましたが・・・
とにかく、出会い系サイトを男性よりも利用している彼女たちはとても前向きで、
真剣に良きパートナーを探しているんです。
感心してしまいました。
日本の女性もそうなんですが、
真剣に相手を探そうと「婚活」を活発に行っている人も結構多いものです。
それにしてもごく普通に出会い系サイトのCMがテレビで流れているなんて、
日本ではちょっと考えられない事です。

パートナーを求める一つの情報としては、一般に定着しているそうですが、
それだけサイト側の企業が、セキュリティやサービス、
運営の仕方の透明性などに自信が有るからなのでしょう。
また多くの利用者が結婚にまで至る事に、
出会い系サイトの存在そのものに意味があると認識しているからだと思います。